【進路予報】

http://www.jma.go.jp/jp/typh/171824d.html

【暴風警報】

http://www.jma.go.jp/jp/warn/000_05.html

———-
(9/17 21:45更新)
大阪市内は豪雨に襲われている地域があります。

より注意が必要なのは北摂です。西宮・伊丹・尼崎・川西・池田・豊中・吹田・箕面・茨木では、100mm/h以上の雨雲が22時半以降も掛かり続けそうです。

———-
(9/17 21:20更新)
大阪市内は21時30分頃から100mm/時の酷い豪雨となります。外を出歩けないぐらいでしょう。

———-
(9/17 20:50更新)
台風の中心は香川県付近にあります。たつの市で110mm/時、加古川・明石・神戸・西宮でも豪雨が続いています。

1時間後、21時45分頃には大阪市内や高槻・茨木・吹田・豊中・尼崎等でも豪雨となりそうです。北摂地域は要注意です。

———-
(9/17 19:30更新)
高知県宿毛市付近に再上陸した後、現在は高知県と徳島県の県境付近に位置しています。

推定されているコースによると、21時頃に淡路島・明石を直撃する可能性が濃厚です。兵庫県内は厳重な警戒が必要でしょう。

大阪市内も風が強くなっています。油断をしていると傘を飛ばされる勢いです。防潮水門や防潮扉も閉鎖されました。夜遅くに掛けての暴風雨・高潮に注意して下さい。

台風18号の接近に伴い、大阪府内に高潮警報が出されたのを受けて、大阪府は高潮による浸水を防ぐため、17日午後5時半に大阪市内に設けられた3つの防潮水門を閉鎖しました。
閉鎖されたのは、▼大阪・此花区と港区の間を流れる安治川、▼西成区と大正区の間を流れる木津川そして▼港区と大正区の間を流れる尻無川の3つの川に設けられた水門です。
また、河川の沿岸にある道路の一部も17日午後8時から通行止めになります。
通行止めが予定されているのは、▼大阪・西淀川区の国道2号の左門橋と神崎大橋、そして▼大阪府道臨海線の大阪・岸和田市木材町から大阪・忠岡町の間の上下線です。

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170917/3928901.html

View post on imgur.com

———-
(9/17 11:35更新)
台風18号は11時半頃に鹿児島県南九州市に上陸しました。やや南偏したコースをたどっています。今晩の京阪神は酷い有様になりそうです。

———-
(9/17 11:00更新)
兵庫県・京都府・和歌山県にも暴風警報が発表されています。良い天気に見えますが、夕方頃から大崩れとなりそうです。

NHKで放映されている鹿児島・熊本は、酷い暴風雨となっています。出かけるのは無理です。

———-
(9/17 10:00更新)
9時55分頃に大阪府へ暴風警報が発表されました。兵庫県南部より先に発表されるのは珍しいです。

しかし、大阪市内では青空さえ見ています。洗濯物が良く乾きそうな天気です。台風がやってくるとは信じられない外出日和です。

———-
(9/17 8:00更新)
嫌な風音が聞こえてきました。関西西部(播磨地方)への直撃は避けられそうになさそうです。加古川・姫路で河川が氾濫しないか気掛かりです。

伊丹空港にも大きな影響が出ています。展望デッキが封鎖され、九州・四国との航空便は軒並み欠航しています。

———-
(9/17 5:50更新)
非常に強い台風18号がやってきます。台風は17日昼前に鹿児島へ上陸し、17日夜に関西を直撃する公算です。大きな影響をもたらしそうです。

大阪市内は嵐の前の静けさでしょうか。普段よりも交通量が少なく、遠くからの騒音がよく聞こえてくる気がします。

台風の予想進路は昨晩から大きな変化はありません。本日17日昼前に鹿児島県に上陸する見通しです。

その後は15時過ぎに高知県と愛媛県の県境付近を、18時頃に香川県西部を、そして20時頃に姫路市・篠山市・福知山市を直撃するコースをたどっています。

既に暴風警報が九州全県と高知県・愛媛県に発表されています。香川県や徳島県、そして兵庫県・大阪府等に発表されるのも時間の問題でしょう。

台風の東側に位置する大阪や関西各県にも多大な被害をもたらしかねないでしょう。午後の外出は控え、外にある物は風雨が弱い午前中に屋内へ収納して下さい。

平成29年 9月17日05時06分 大阪管区気象台発表

大阪府の注意警戒事項
 大阪府では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、強風、高波、竜巻などの激しい突風、落雷に注意してください。

===================================
大阪市 [発表]大雨,雷,洪水注意報
[継続]強風,波浪注意報
17日夕方までに大雨警報(浸水害)に切り替える可能性が高い
17日夕方までに暴風警報に切り替える可能性が高い
17日夕方までに波浪警報に切り替える可能性が高い
17日夕方までに洪水警報に切り替える可能性が高い

平成29年 9月17日05時00分 大阪管区気象台発表
大阪府の警報級の可能性
大阪府では、18日までの期間内に、大雨、暴風、波浪警報を発表する可能性が高い。

大阪府警報級の可能性
種別17日18日19日20日21日
夕方まで夜~明け方朝~夜遅く
6-1818-66-24
大雨[高][高][中]
暴風[高][高]
波浪[高][高]

http://www.jma.go.jp/jp/warn/f_2710000.html

お休みなので、子供は遊びに行きたがりそうです。今日ばかりはFireTVでAmazonプライムビデオを見ながら自宅で過ごす事にします。

———-
(9/16 23:00更新)
大阪市内でも徐々に風が強くなってきました。

台風は少し南寄りに進路を変えました。偏西風が下がったのでしょうか。速度も少しゆっくりとなりました。

現時点では17日昼に鹿児島県付近に上陸するコースをたどっています。愛媛県付近を経由し、兵庫県姫路市を直撃する可能性が高いとされています。

一般的に台風は東側に強い風雨をもたらします。大阪・神戸・京都・和歌山・滋賀等は極めて大きな影響を受けそうです。ここ数年で経験した事がない大雨・暴風となる可能性が高いです。

重ねて注意すべきは満潮時間です。大阪湾は18時頃に満潮です。海や河口に近づくのは非常に危険です。

17日が平日だったら、終日に渡って保育所・幼稚園・学校等は休校園となっていたでしょう。しかし、3連休の予定が吹き飛んだ家庭も少なくないので、どちらが良かったかは分かりません。

JR西日本は既に間引き運転を行う旨を公表しています。

夕方以降は極端に電車が少なくなりそうです。それ以前からダイヤが乱れる場合もあるでしょう。

大阪管区気象台は17日朝から大雨洪水暴風警報を発表する可能性が高いとしています。経験上、朝6時前に発表されそうです。

———-
(9/16 15:20更新)
大阪市内は強い雨が降り続いています。

台風は17日昼前に熊本県付近に上陸し、鳥取県付近から日本海へ抜けるコースをたどる可能性が濃厚です。

関西は昼頃から急激に17日昼頃から急激に風が強くなり、夕方から深夜は暴風となる恐れが強いです。昼以降のお出掛けは避けた方が無難でしょう。

大阪府には強風注意報が発表されました。17日昼までに暴風警報となりそうです。

———-
(9/16更新)
16日朝の予報によると、台風の速度はやや落ちています。コースは若干南よりとなっています。17日午前に九州(鹿児島~熊本)へ上陸する見通しです。

関西は17日昼に強風域に、そして17日夕方から夜にかけて暴風域に入る可能性が大きいでしょう。平日であれば、朝から保育所・学校等が休園・休校になっていたでしょう。

兵庫県南部・和歌山県等では、既に16日から強風注意報が発表されています。大阪市内でも台風の風を感じます。

どうしても3連休中にお出掛けするなら、本日16日が良さそうです。17日は終日暴風が吹き荒れ、18日も強い吹き返しが予想されます。

大阪では17日朝から大雨洪水暴風警報が発表される可能性が高いです。
厳重な警戒が必要です。

既にスルっとKANSAIバスまつりこうべ食の博覧会は中止が発表されました。一方、現時点では岸和田だんじり祭は通常通り行われる予定です。

———-
(9/15更新)
15日朝の予報によると、台風は17日早朝に熊本県付近に上陸し、瀬戸内海・中国山地を越え、鳥取県付近から日本海へ抜けるコースをたどる可能性が高いとされています。

関西に最接近するのは17日夕方から夜になる見通しです。3連休の中日ですが、遠出するのは避けた方が良さそうです。大阪市内でも、複数のイベントを中止にする方向で検討していると聞いています。

大阪管区気象台も「17日は大雨洪水暴風警報を発表する可能性が高い」としています。当初から休園する保育所等が多いのではないでしょうか。

———-

関西に最も近づくのは、3連休に重なる17-18日だと見込まれています。秋の行楽シーズンを直撃しそうです。

保育所等には登園せずに自宅等で過ごしている園児が大半だと思います。が、中には休日保育・運動会等の行事で登園している方もいるでしょう。判断が早い園は、今日・明日の内に運動会の延期(屋内実施)を決定するでしょう。

大阪管区気象台は、17日に大雨洪水暴風警報を発表する可能性が高いとしています。
気象情報・台風の進路には十分にお気をつけ下さい。