2歳の頃に購入・使用して便利だった育児用品についてまとめます。

[csshop service=”amazon” keyword=”ニューブロック たっぷりセット” sort=”-sales” mode=”embed”]
そろそろブロック遊びもする頃かと思い、様々なブロックを比較検討した結果、学研のニューブロックに決めました。
決め手になったのは「ブロックの大きさ」でした。
検討対象となったレゴやダイヤブロックは相対的に小さく、ブロックの紛失や誤飲のリスクがありました。
一方でニューブロックは1辺が7センチ程度と大きく、そうしたリスクは考えにくく安心感がありました。

購入当初は適当に積み重ねて崩してばかりでしたが、組み立て例を見ながら作ると面白さが分かったらしく、次から次にと作る様にせがんできましたorz
初めに購入したブロックだけでは足りなくなると工具セットやのりものセットと言った追加パーツを購入し、より様々な物が作れる様になりました。
大きくなると自分で勝手に組み立ててあれこれ作っています。
踏んでも割れる事無く、小学校低学年の頃までは現役おもちゃとして頑張ってくれそうです。

[csshop service=”amazon” keyword=”がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)” sort=”-sales” mode=”embed”]
そろそろ読み聞かせを本格化させたいと思い、保育所にあった絵本類を参考にして購入しました。
2歳の内はまだ絵本のストーリーを理解するのが難しく、かつ長い絵本をじっと聞いていられないので、話が単純かつ短い福音館の絵本は重宝しました。
作りが丈夫なのも有り難いです。
保育所・児童館・書店等にも多数置かれているので、現物を読むのも比較的容易でしょう。

[csshop service=”amazon” keyword=”IFME(イフミー) ベビーシューズ 22-3790 ベージュ” sort=”-sales” mode=”embed”]
何種類かの靴を試してみましたが、作りが良くて軽く、そして歩きやすそうだったのがIFMEでした。
子供が酷使してもなかなか壊れにくく、アウトソール部分がすり減る程度です(減りがやや早いかも?)。
種類やサイズ展開が豊富で選びやすいのも助かっています。
AMAZON以外では楽天やイオン等でもしばしば見掛けます。

[csshop service=”amazon” keyword=”タオルハンガー ブルー 1408B” sort=”-sales” mode=”embed”]
育児用品(0歳)でも記載しましたが、2歳になっても大活躍しています。
布オムツを干す事は殆どないのですが、タオル・ハンカチ・下着・子供用ズボン等を20枚も干せます。
円形のパラソルハンガーだと幅と同じだけの奥行が必要となるのですが、こちらのタオルハンガーは横に長いので狭いベランダや乾燥機付き浴室でも手軽に用いれます。
保育所に通っていると洗濯物が多くなるので、この様に大量の洗濯物を一度に干せてかつ回収できるタオルハンガーは本当に重宝します。

壊れたらもう1度買います。
購入してから3年ほど経ちましたが、ハンガー部分が一部曲がった程度で(曲がっても簡単に直る)、当分は使い続けられそうです。
保育所通いの方には必須アイテムでしょう。