ゾッとする話です。東京都北区立保育園に勤める男性保育士が女児の下半身を舐めたとして、強制わいせつ容疑で逮捕されました。

 東京・北区にある保育園で保育士の福本一稀容疑者(22)が園児にわいせつな行為をしたとして、警視庁に逮捕されました。

 福本容疑者は先月20日、保育園内のトイレで、この保育園に通う5歳の女の子の下半身を触るなど、わいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、福本容疑者は保育園内のトイレの個室で女の子のパンツを替えようとした際に犯行に及んだということです。

 福本容疑者は今年4月からこの保育園で勤務していたということで、取り調べに対し、「触ったのは事実だが、女の子が下半身にけがをしていたので、けがの具合が気になって触った」などと容疑を否認しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3193829.html(動画あり)

 勤務先の保育園で女児の下半身をなめたなどとして、警視庁赤羽署は25日、強制わいせつ容疑で、東京都北区志茂の保育士、福本一稀(かずき)容疑者(22)を逮捕した。「女児が以前けがをした部分が気になって触っただけで、なめてはいない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は9月20日午前11時ごろ、同区の区立保育園内のトイレで、女児(5)の下半身をなめるなどのわいせつな行為をしたとしている。

 同署によると、福本容疑者は今年4月に採用され、女児のクラスの担任だった。犯行当時はトイレで女児の下着の着替えを手伝っており、帰宅後に女児が父親に相談して発覚した。

http://www.sankei.com/affairs/news/171025/afr1710250020-n1.html

 勤務している保育園の園児の女児(5)の下半身を触ったりなめたりしたなどとして、警視庁は25日、保育士の福本一稀容疑者(22)=東京都北区志茂5丁目=を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。「体を触ったのは事実だが、なめてはいない」などと述べ、容疑を一部否認しているという。

 赤羽署によると、福本容疑者は9月20日午前11時ごろ、北区の区立保育園のトイレ個室内で、女児の着替えを手伝った際にわいせつな行為をした疑いがある。福本容疑者は4月からこの保育園に勤務しているという。

 数日後、女児から話を聞いた父親が署に被害届を出したという。

http://www.asahi.com/articles/ASKBT3Q99KBTUTIL00K.html

5歳女児は言葉や考えもしっかりしています。

お世話になっている保育所でも「○○を見てー」「今日は○○を食べたよ」「○○ちゃん(うちの子)と一緒に帰りたい」等と話す機会は少なくありません。

少なくとも見聞きした事をそのまま伝える能力は小学生(低学年)と遜色ないと感じています。

被害に遭った女児は自宅で「今日は○○先生にパンツを替えてもらった、下半身をなめて綺麗にしてもらった」等と話したのではないでしょうか。

話を聞いた両親はさぞ驚いたでしょう。仮に本当であれば異常な行動です。即座に保育所の園長等へ相談し、園長や区の保育担当者が福本一稀容疑者へ聞き取りを行ったでしょう。結果、容疑が固まって逮捕に到ったと推測されます。

記事には「勤務先の保育園」「保育士」という言葉が掲載されています。相談後に即座に担任を外したでしょうが、逮捕まで解雇や退職等は行われていなかった様子です。

事件の影響が心配されるのは、男性保育士への偏見です。この様な事件を起こす男性保育士はごく一部に過ぎず、殆どの男性保育士は丁寧に子供の保育を行っているでしょう。

一方、女の子がいる保護者の中には「男の先生に着替えやオムツ交換をしてもらうのはちょっと・・・・」と感じる方もいるでしょう。そうした感情を本能レベルで有するのは否定できないと思います。

男性保育士への蔑視や偏見を更に助長させ、被害に遭った女児・家庭や他の園児達を大いに傷つけた福本一稀容疑者の行いは決して許されません。

この様な事件の背景には「保育士不足」も見え隠れしています。

先日発表された大阪市任期付保育士採用試験の結果に驚きを隠せませんでした。受験番号98番までの内、何と95人が合格者受験番号をして掲載されていました。

大阪市任期付職員(保育士)の採用候補者登録試験の合格者の受験番号を発表しました
http://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/cmsfiles/contents/0000413/413264/goukakusya.pdf

採用予定数は122人とされています。辞退しない限り、合格者のほぼ全員が任期付保育士として採用される見通しです。

都市部を中心として保育士不足が深刻と言われています。十分な採用希望者がいない限り、選考プロセスによって適切に絞り込むのが難しい状態となっています。

面接試験等で「ちょっと大丈夫か?」と感じてた受験生であっても、自治体の様に多くの保育士を必要とする職場では採用せざるをえないのが実情かもしれません。