————
(9/30追記)
続報を掲載しました。
【ニュース・続報】園児への強制猥褻で逮捕された元副園長(大阪)を嫌疑不十分で不起訴

(6/25追記)
続報を掲載しました。
【ニュース・続報】園児との添い寝・パンツ覗き込みの過去が・・・逮捕された幼稚園元副園長
————

最も性質が悪い事件の一つです。
幼稚園の元副園長(事件発覚後に退職)が、勤務先(当時)の女子園児の下半身を触る等の猥褻行為をしていた疑いで逮捕されました。


https://www.youtube.com/watch?v=5Z8l1-eHz0k

幼稚園副園長が園児に強制わいせつ容疑、本人黙秘 大阪
2015年6月22日13時16分

 勤務先の幼稚園に通う園児にわいせつな行為をしたとして、大阪府警は22日、大阪府守口市の私立幼稚園元副園長、江端信雄容疑者(30)=5月12日に依願退職=を強制わいせつの疑いで逮捕した。府警への取材でわかった。江端容疑者は黙秘しているという。

 守口署によると、江端容疑者は今春、同市内の私立幼稚園内外で園児1人の体を触った疑いがある。府警が計3人の男児と女児の保護者から被害届を受け、園内や江端容疑者宅を家宅捜索して捜査していた。

 江端容疑者は今月11日、朝日新聞の取材に「まったく身に覚えがない。やったと決めつけられて、とてもつらい」と話した。

 幼稚園は「担当者がいないので逮捕についてはコメントできない」と話している。園はこれまでの取材に対し、弁護士が全教職員に聞き取りをしたところ、わいせつ行為の目撃者はいなかった、と説明。5月9日に臨時の保護者会を開き、不安を与えたとして園長が陳謝した。同席した江端容疑者もわいせつ行為を否定したという。

http://www.asahi.com/articles/ASH6Q3V9HH6QPTIL00H.html

幼稚園の幹部職員が猥褻行為、特に判断能力が未熟で抵抗できない勤務先の幼稚園児に行うとは言語道断です。
記事には掲載されていませんが、逮捕された容疑者が勤務していたのは守口東幼稚園です。
2007年から勤務していたそうです。
30歳という若さで副園長を務めていたのは、勤務先の幼稚園の理事長・園長を務めているのが母親だからです。

同幼稚園は守口市内にありますが、大阪市との市境に近い場所です。

鶴見緑地公園の北、大阪市と守口市が入り組んでいる場所です。
その為か、在園児の2/3は大阪市に住んでいるそうです。

以前から同幼稚園の理事長を務めていた母親は、2014年から園長に就任しています。
ゆくゆくは息子に園長・理事長職を継がせる予定だったのでしょう。

また、同幼稚園の理事長は同じ守口市内にある寺方幼稚園も経営しています。
理事長が同姓同名であり、ホームページもほぼ同一形式です。
守口東幼稚園ウェブサイトで用いているページの幾つかのタイトルが「寺方幼稚園」となっています(たとえばここ)。

京都の春日野園での事件と同じ構図です。
幼稚園や保育園を経営する社会福祉法人の理事長・経営者一族による園児への違法行為が後を絶ちません。
保護者がおかしいと感じても、意趣返しが子供に返ってきたらと思うと苦情を入れるのは容易ではありません。
それが理事長・園長の親族なら尚更です。
今回の事件は複数の保護者が幼稚園に強く苦情を申し入れたものの、息子をかばう園長の姿勢に保護者の怒りが爆発し、警察へ複数の被害届を提出したのだと考えられます。

現在も逮捕容疑となった園児以外への猥褻行為について捜査が進んでいる様子です。
更なる余罪が発覚する可能性もあるでしょう。