【ニュース・動画】乳児が無認可保育所で死亡 脳に損傷? 神奈川・平塚の続報です。死因は脳内出血と判明しました。頭蓋骨も折れていました。

神奈川県平塚市宮の前の無認可保育所「託児所 ちびっこBOY」で、6日に生後4カ月の男児が死亡していたことが9日、分かった。

捜査関係者によると、司法解剖の結果、頭の骨が折れ、死因は脳内出血と判明した。県警は外部から強い衝撃を受けたとみて、事件の可能性も視野に調べている。

平塚署によると、6日午前4時半ごろ、保育所の男性職員が「子どもが息をしていない」と119番。男児は病院で死亡が確認された。6日午前0時ごろ、母親の知人が保育所に預けた。

神奈川県は7日、緊急の立ち入り調査をし、当時の職員は1人と確認。県の基準では複数の職員を配置しておかなければならず、改善を求めた。

県によると、5日夜から6日朝にかけ、亡くなった男児の他に4人の子どもが預けられていた。保育所は1992年10月に開業。24時間対応で職員は6人おり、受け入れの定員は20人という。雑居ビルの3階にある。

保育所の所長を名乗る男性は9日、取材に「当時の様子を録画した映像があり、男児はうつぶせでもなく、職員が落下させたわけでもなく、死亡した原因は分からない」と話した。詳しい状況が判明するまで営業を停止するとしている。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/1577297.html

児童が死亡したのは無認可保育所「ちびっこBOY」です。平塚市宮の前5-2にあります。

生後4ヶ月といえば寝返りすらうてず、ベビーベッドの中で寝るか泣き叫んでバタバタしていたと推測されます。頻繁な授乳・オムツ替えが必要な時期で、当時は寝不足の毎日でした。

事件当日も似た様な状況だったと考えられます。深夜0時過ぎに母親の友人によって認可外保育施設に預けられるという、乳児にとっては慣れない環境で す。普段以上に泣き叫んでいた可能性があるでしょう。当時は他に4人の子供を預かっていました。、従事していたのは男性職員1人のみでした。右に左に目の 回る様な忙しさだった筈です。

一方でそんな乳児を、午前0時頃に母親本人では無く友人が預けに来るのは不思議です。何か事情があったのでしょうか。

いつの時点で骨折・脳損傷に至ったかは不明です。今後の捜査で判明するでしょう。