福島区で工事が進められている「新福島ちどり保育園」が、予定していた来年4月の開所が困難になったそうです。5月15日に延期される見通しです。

福島区のちどり保育園の開設が、来年4月から5月15日に延期されるそうです。保健福祉センターから連絡がありました。希望変更するか、5月からでもちどりを希望するか、一週間以内に返事しないといけません。

コメント欄から教えて頂きました。ありがとうございます。補充して聞き込みを行ったところ、下記の事柄が判明しました。

・何らかの順位で記入した保護者へ順次電話している
・開所が5月15日より遅れる可能性は低い、前倒しはあるかもしれない
・第2希望以下で記入した方は、少なくとも「ちどち保育園の削除(他保育所等の繰り上げ)」は可能
・詳しくは各世帯へお送りする手紙に記載されている
・返答期限は21日(水)

Download (PDF, 869KB)

「27日間」をどうするか

同保育園の定員は0歳児6名、1歳児8名、2歳児16名、3歳児18名、4歳児18名、5歳児18名、合計84名となっています。同保育所を第1希望としていた方はもとより、第2希望以下で申し込んでいた方にも影響が及びます。

【H29保育所等一斉入所申込分析】(9)福島区で取り上げた所によると、同区は1歳児と3歳児の入所がやや厳しい状況となっています。同保育所の開所延期に伴い、更に厳しくなる事態が想定されます。

では、同保育所への入所を希望している方はどうすれば良いでしょうか。ポイントとなるのは「1ヶ月半の開所延期を許容できるか」という点ではないでしょうか。

平成29年4月は土曜日から始まり、月末には大型連休があります。土日・祝日を除くと、登園日は「27日間」です。

分かりやすい例では育休中の場合です。5月開所となったとしても、入所が内定すれば育休を延期して対処できます。

また、1ヶ月間だけ近隣の認可外保育施設等を利用する方法もあります。玉川駅や福島駅周辺に数カ所の施設があります。とはいえ、入会金・保育料は安くありません。行政や事業者の都合により、重い負担を背負わざるを得ないのは理不尽でしょう。

難しい判断を迫られるのは、「どうしても4月から入所できなければ困る」という方です。他の保育所等を第1希望にする方法もあります。しかし、他の保育所へ入所できるかは定かではありません。

新設保育所は全年齢を一斉に募集するので、一般的に入所しやすくなっています。特に1-3歳児は顕著です。周辺の他保育所での募集が少ない2-3歳児は、実質的に同保育所が唯一の希望保育所という場合もありそうです。

希望保育所の変更は極力避けたい

こうした状況を踏まえると、希望を変更するのは出来るだけ避けるべきではないでしょうか。仮に希望を変更しても、その通りに入所できる可能性は高くありません。

4月から5月半ばまでの27日間は何らかの方法で保育を行い、5月15日の入所に備えるのがベターだと感じます。「

事業者に対して何らかの代替保育を求める方法も検討する価値がありそうです。同保育園を運営する社会福祉法人晋栄福祉会は多数の保育所等を運営しています。

周辺地域では御堂筋本町ちどり保育園(中央区南久宝寺町)や市立北恩加島保育所(大正区泉尾・受託)があります。

開所までの間、こうした施設等で分散して保育を行えないでしょうか。人員は新保育所で勤務する保育士で賄えるでしょう。保育室等の設備・登園方法さえ確保できれば、事業者・区役所の判断で実現できるのではないでしょうか(内々で検討済かもしれません)。

どの様な方法であれ、入所を希望している世帯・児童への負担は避けられません。希望順位は関係なく、同保育所への入所を希望している方は区役所へ連絡を行い、対処方法・変更等を相談するのが望ましいでしょう。

この問題を受け、福島区役所の保健福祉課(保育担当)は非常に慌ただしくなっている様子です。数少ない担当者が多くの入所希望者へ電話を掛け、説明を行っています。相談したくても、相談しにくい雰囲気が感じられました。

返答期限は1週間後の21日(水)と差し迫っています。一斉入所に関する事務手続の関係があるのでしょう。もう少し早く連絡があれば良かったのに・・・・と感じました。