以前にみるく保育園(東大阪市・社会福祉法人篤雅音会)にて、園長・副園長夫婦が数千万円を私的流用していた件をお伝えしました。

【ニュース】1億円超を私的流用・刑事告発・・・みるく保育園(東大阪市)の元園長・元副園長夫婦
【ニュース】みるく保育園(東大阪市)の園長・副園長夫婦が数千万円を私的流用か
【ニュース】みるく保育園(東大阪市)の副園長、補助金でホスト遊びか

元園長・副園長夫婦が詐欺容疑で逮捕されました。

虚偽の書類を提出し補助金を騙し取ったとして、保育園の元園長の男と元副園長の女が逮捕されました。

東大阪市のみるく保育園の元園長・岡田忠彦容疑者(59)と元副園長・尾形久美子容疑者(58)は、2011年から2012年の間、市からの補助金を受けるため、当時運営していた保育園で実際には働いていない人物が働いているように装った書類を提出し、約2350万円を騙し取った詐欺の疑いがもたれています。警察は2人の認否を明らかにしていません。

http://www.mbs.jp/news/kansai/20170221/00000039.shtml

保育園への補助金約2350万円をだまし取ったとして、大阪府警は21日、同府東大阪市の「みるく保育園」の元園長でタクシー運転手の岡田忠彦(59)=同市下小阪1丁目=、元副園長の飲食店従業員尾形久美子(58)=大阪市天王寺区生玉前町=の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

河内署によると、両容疑者は2011年6月~12年5月、3回にわたって園の職員数を水増しして東大阪市に申請し、基準より多く雇っている際に支払われる補助金など計約2350万円を詐取した疑いがある。

市は昨年2月、監査の結果、16年度までの約10年間で運営費補助金など約1億1千万円が不適切に処理されたと発表した。岡田容疑者は市の調査に、不正に得た金を個人的な飲食などに使ったと認めたという。

市は4月に業務上横領容疑で両容疑者を府警に刑事告発。6月には職員数の水増しによる補助金詐取の疑いで府警に被害届を出していた。

http://www.asahi.com/articles/ASK2P514FK2PPTIL01Y.html

逮捕容疑は東大阪市への詐欺です。

これはあくまで突破口の一つでしょう。今後、横領・背任・更なる詐欺等、余罪が明らかになっていくものと考えられます。徹底的な捜査、及び賠償が求められます。

また、同時に、こうした事態に適切に対処しなかった東大阪市の対応も検証されるべきでしょう。

最大の被害者は、適切な保育を受けられなかった園児と保護者です。失われた時間は返ってきません。

———
(2/22追記)
上記朝日新聞に興味深い記述があります。両者の現在の氏名・職業・住所です。

2人は夫婦でしたが現在は異なる名字を名乗っています。離婚をしたのでしょうか。記事をよく読むと、「夫婦」という記載はありません。住所も別です。

また、元園長の職業は「タクシー運転手」、元副園長は「飲食店従業員」とされています。保育園から追われ、60歳を目前に控えた2人が必至になってたどり着いた仕事でしょう。

では、暮らしていた自宅の土地・建物はどうなったのでしょうか。東大阪市内にあった元園長の自宅の登記情報を取得しています。

事件発覚後、東大阪市の差押え・農協の仮差押え・篤雅音会(保育園運営法人)への代物弁済による所有権移転を経た後、事件前から抵当権を設定していた農協の申立てによる競売開始が決定されています。

最終的には東大阪市内の個人が所有権を取得しました。

事件当時、2人は保育園を私物化して華美で贅沢な暮らしを送っていました。不正流用の結果、地位も財産も全てを失いました。