(11/17更新)
今年9月に「ちとせ學院(大阪府茨木市の認定こども園)で体罰が常態化しているのではないか?」との旨が毎日放送で報道されました。
これに対して、多くの保護者や関係者等からご意見やコメントを頂きました。

報道内容の真偽や体罰の有無を確かめるべく、茨木市によって「保護者アンケート」が実施されました。その結果が11月15日に掲載されました。

認定こども園ちとせ學院(以下「施設」という。)において、保育現場における体罰事象の実態把握と今後の施設のよりよい教育・保育運営に取り組むため、在園保護者の皆様の協力のもと、実施いたしました保護者アンケートの検証結果並びに対応について、下記のとおり報告します。
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kurashi/kodomo/hoiku/39265.html

結果は下記の通りです。

Download (PDF, 140KB)

重要なのは下記の部分でしょう。

〇お子さんに対する「体罰とされる不適切な対応」の目撃の有無については、記名回答の保護者128人全員が「ない」と回答、無記名回答の15人については、「ある」が1人、「ない」が12人、「無回答」が2人であった。

〇お子さんに対する「不適切な言葉かけ」の目撃の有無については、記名回答128人中、「ない」が126人、「無回答」が2人であったが、無記名回答の15人については、「ある」が1人、「ない」が11人、「無回答」が3人であった。

体罰や不適切な言葉かけを目的したのは、それぞれ各1人(無記名)だけでした。それ以外の殆どの保護者は「ない」と回答しています。

また、当該報道に係る取材に対して、茨木市が謝罪しています。

なお、当該事案等を受けた報道において、「体罰の常態化」という表現が使用され、保護者をはじめ市民や関係者の皆様に多大なご不安やご心配を与えることになりました。このことは、本市及び施設の報道機関への対応が周到でなかったことなどに起因すると考え、深くお詫び申し上るとともに、今後とも、本市の教育・保育に携わるすべての関係者と連携を密に、より安全・安心な教育・保育環境となるよう、改善に向けて取り組んでまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

これを受け、当記事でも当該報道を紹介した部分を削除・非公開とします。